就労移行支援を利用する5つのメリット

就労移行支援事業所 障がい者の就労

1. 体調や生活リズムの安定化

  • 就労移行支援事業所では、利用者の健康管理や生活リズムの改善をサポートします。
  • 規則正しい生活習慣を身につけることで、就職後の職場生活にも適応しやすくなります。

朝9時から夕方まで毎日トレーニングがあるため、生活リズムが整えられます。

2. 自身の強みや弱みの把握

  • 職業評価やカウンセリングを通して、自分の得意分野や課題を理解することができます。
  • これにより、適性のある職種を見つけやすくなります。

個々人によって障がいの特性は違います。トレーニングとカウンセリングによって、その人に合う仕事を見つけることができます。

自分が目指す仕事が見つかったら、トレーニング内容を変えたり、増やしたりすることもできます。

3. 集団活動やコミュニケーション能力の向上

  • 就労移行支援では、グループワークや実習などの集団活動に参加する機会があります。
  • これらの経験を通して、コミュニケーション力や社会性を高めることができます。

ほかの利用者さんもたくさんいますので、その人たちともコミュケーションがあります。

人と話すのが苦手な人は周りの人と話さなくてもいいと思います。

トレーニングは事業所内だけではなく、企業実習や外の企業で仕事を手伝うこともあります。

私の場合は事務補助の企業実習とカラオケ屋さんで清掃の作業をしました。なので支援員や利用者さん以外とのコミュケーションも磨かれます。

4. 就職後のサポート

  • 就労移行支援では、就職後も一定期間、職場定着のためのフォローアップが受けられます。
  • 職場での課題に対して、アドバイスや支援を受けられるので安心して働くことができます。

定着支援の利用期間は最大3年間です。

支援開始から1年ごとに、支援の継続が必要かどうかを判断します。

5. 障がい理解のある専門家からのサポート

  • 就労移行支援事業所には、障がい特性に詳しい専門家が在籍しています。
  • 利用者一人ひとりの状況に合わせた細やかなサポートを受けられます。

たとえば発達障害、高次脳機能障害では障がいの特性は違います。それぞれの専門家の方がサポートしてくれます。

今回は「就労移行支援を利用する5つのメリット」について解説しました。

就労移行支援・ミラトレでは事業所の見学を行っており、障がい者手帳をお持ちの方であれば、どなたでも参加できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました